「癒しの宿 こえもん」で日帰りカニ三昧♪ <かにカニ日帰りエクスプレス>(美方郡香美町)

冬の日本海といえば、松葉ガニ
JRの「かにカニ日帰りエクスプレス」を利用して、柴山の「こえもん」にカニづくしのランチを食べに行ってきました

画像「特急こうのとり1号」で雪景色を楽しみながら、約3時間の列車の旅を終えると、そこは寂し~いくらいにこじんまりとした柴山駅

無人駅なので切符を回収されることもなく、ここが改札みたいな所をくぐり抜けると「こえもん」から女将さんが迎えに来てくれていました

「こえもん」は駅からすぐの所にありますが、この日は雪が積もっていたので迎えに来てくれていたそうです。
ありがとー


到着すると個室に案内され、すぐにお昼ご飯が始まります

画像
すでに大方のカニ料理はテーブルに用意されていて、「焼きガニ」「カニすき」が火を入れられるのを待っている状態。

やはり最初に口にしたいのは、「カニ刺し」でしょう

う~ん・・・独特の甘味に口の中でとろける旨さ
やっぱりカニは最高~

刺身はカニの他にイカも美味しかったのですが…
でもやっぱりカニの刺身がもっと食べたい


画像
というわけで、「生でもいけますよ」と言われたカニすき用のカニを、チッチがキレイに剥きました。

これはびっくりするくらいお見事

カニ宿の女将さんくらい上手に剥いてくれました

刺身としはてもちろん、しゃぶしゃぶとしてもいただきました



画像しゃぶしゃぶすると、こんな感じ

もう、これだけで大満足

めちゃくちゃ美味しいです

グルメ番組のようにカニの脚にかぶりつきながら、2人で8本のカニ脚を堪能いたしました









「焼きガニ」は女将さんが炭火で焼いてくれます。
画像
最近は、手軽にできることから陶板焼きにする料理宿が多いそうですが、「こえもん」では炭火焼きにこだわっています。

焼けたとこから順番に身をほぐして食べます 陶板焼きはこれができないんですよね

それに、身がぷっくりと膨れてくるのも炭火焼きならではで、これが甘くて美味しいのです





画像「茹でガニ」は、軽くカニ酢がかけられています。
これも身がキレイに取れるので、食べやすく、さっぱりした味がいいです

ほぐした身を「カニ味噌」に混ぜて食べると、これはこれで濃厚な美味の世界

焼酎と一緒に楽しみまーす






画像「カニすき」も美味しかった~

ほとんどの足を刺身としゃぶしゃぶで食べてしまったので、残っていたのはカニの腹身だけでしたが、ほっくりとした身をこそげて食べ尽くしました

もちろんその後は「雑炊」です。
チッチが上手に作りました

カニはやっぱり最高ですね







画像
「かにカニ日帰りエクスプレス」
帰は途中下車して、城崎温泉で数時間の観光もできます。
電車なのでお酒も飲める

思ってた以上に良かったです


兵庫県美方郡香美町香住区浦上1206
0796-37-0356
山陰本線 柴山駅より徒歩3分